ニュース&トピックス

問題25:公正証書遺言および秘密証書遺言【CFP相続要点解説】

CFP相続・事業承継設計 精選問題講座講師、FPサテライトの町田です。

講座のポイントや補足、CFP試験について解説します。

今回は、問題25公正証書遺言および秘密証書遺言についてです。

——————

遺言および成年後見制度等に関する以下の設問について、それぞれの答えを1~4の中から1つ選んでください。

(問題25)
公正証書遺言および秘密証書遺言に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.公正証書遺言を作成するには、公証人1人と証人1人の計2人以上の立会いが必要である。

2.公正証書遺言を撤回するための新たな遺言は、 自筆証書遺言または秘密証書遺言でも差し支えない。

3.秘密証書遺言は、本文を自書する必要はないが、遺言者は証書に署名押印しなければならない。

4.遺言が、秘密証書遺言としての方式に欠けている場合であっても、自筆証書遺言としての要件を満たしているときは、自筆証書遺言として有効である。

——————

1.2.が公正証書遺言
3.4.が秘密証書遺言の論点です。

 

選択肢の論点とポイント

1.公正証書遺言の立会い
公証人1人と証人2人以上の立会いが必要

2.公正証書遺言を撤回する遺言
公正証書遺言の他、自筆証書遺言秘密証書遺言でも可

3.秘密証書遺言 本文を自書する必要はないが、遺言者は証書に署名押印しなければならない

4.秘密証書遺言としての方式に欠けている場合
自筆証書遺言としての要件を満たしているときは、自筆証書遺言として有効である。
自筆証書の要件 遺言者が遺言の全文・日付・氏名を自書し、押印する

公正証書遺言書は、ほぼ毎回出題されます。
秘密証書遺言は、この問題のように選択肢の一部で出題されることがあります。
問われる論点は決まっているので、過去問に出てくる論点は確実に押さえておきましょう。

問題25の正答

1.

同じ論点の問題

25-2.CFP相続・事業承継設計 精選問題講座 問題21-3.

「eラーニングをすべての人に!」
株式会社キバンインターナショナル KiBAN INTERNATIONAL CO.,LTD.
Web : http://elearning.co.jp
E-mail : international@kiban.jp
担当:machita