FPの資格には国家資格と民間資格が存在します。

国家資格
ファイナンシャル・プランニング技能士
(FP技能士)
等級:3級、2級、1級

民間資格
AFP・CFP®

日本FP協会認定資格

ファイナンシャル・プランニング技能士

FP技能士は、技能検定合格者に与えられる国家資格の1つです。

各級受験資格

3級
FP業務に従事している者または従事しようとしている者

2級
1.日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了した者
2.3級FP技能検定、厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者
3.FP業務に関し2年以上の実務経験を有する者

上記のいずれかに該当する者

1級
3、2級と異なり、学科試験と実技試験が別々に行われています。

学科試験受験資格
1.2級技能検定合格者で、かつFP業務に関し1年以上の実務経験を有する者
2.FP業務に関し5年以上の実務経験を有する者

上記のいずれかに該当する者

実技試験受験資格
1.CFP®認定者
2.CFP®資格審査試験の合格者(合格日の翌々年度末までに実施される1級FP技能検定に限る)
3.1級学科試験合格者(合格日の翌々年度末までに実施される1級FP技能検定に限る)
4.「FP養成コース」を修了し、かつ1年以上の実務経験を有する者

主に上記のいずれかに該当する者

2つの試験実施団体

国家資格のFP技能士は、日本FP協会と金融財政事情研究会(金財)の2団体が試験を実施しています。

各級の試験実施団体は以下の通りです。

3、2級学科試験は共通問題。
1級学科試験は金財のみ実施。
実技試験は実施団体により問題が異なる。

AFP・CFP®

日本FP協会認定資格には、AFP・CFP®という2種類の資格があります。
要件を満たし、日本FP協会に登録することで資格が付与されます。
AFP・CFP®ともに2年毎の資格更新があり、日本FP協会が認定する所定の継続教育を受け、単位を取ることが更新の要件となっています。

各受験資格・認定要件

AFP
認定要件
1.AFP認定研修受講修了
2.2級FP技能検定合格
上記をすべて満たすことで、AFP認定者となれます。

CFP®
受験要件
1.AFP認定者
2.協会指定大学院の所定課程修了

上記のいずれかに該当すれば、CFP®資格審査試験を受験することができます。
(CFP®資格審査試験・・・全6科目、科目毎受験可)

認定要件
1.CFP®資格審査試験6科目合格
2.AFP認定者
3.CFP®エントリー研修修了
4.一定の実務経験

上記をすべて満たすことで、CFP®認定者となれます。

各級・各資格のレベル

国家資格と民間資格のレベル目安は以下の図のイメージです。

各級とも6分野ありますが、イメージとしてこういった図で示されることがあります。

3級
FP3

各分野それぞれの基礎知識が問われる。

2級・AFP
FP2-1

3級と各分野の範囲は大きくは変わらない。
ただし各分野の横断的な知識が求められるようになる。
特に、AFP認定研修(提案書の提出)にあたって総合的な知識が必要。

1級・CFP
CFP_001
各分野において範囲が広くなり、かつ、より横断的な知識が求められる。